実は奥が深い物語だった!アトラクションのスプラッシュ・マウンテン

Splash Mountain sign スプラッシュマウンテン
Justin Callaghan Splash Mountain sign
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブレア・ラビットの真の物語

Fraternity of Future Splash Mountaineers
Tom Simpson Fraternity of Future Splash Mountaineers

追記:このアトラクションの話は、ウォルト・ディズニー・ワールド マジックキングダムの「スプラッシュ・マウンテン」を書いています。
一番重要なことを書いていませんでした。すみません。

動画にしてみました👇

「うさぎどん」こと「ブレア・ラビット」を主軸に繰り広げられる、本当は深い話のアトラクション。内容を知れば知るほど、ますますライドが楽しくなります。
丸太のボートに乗り込んだ気持ちで、順序立てて話の道筋を追っていきます。

ブレア・フロッグの警告

Have a zip-a-dee-dah ride !

丸太のボートに乗り込み水路を登って行きます。
ブレア・フロッグが警告しています。

左側にいるブレア・フロッグ👇

Brer Frog
Justin Callaghan Brer Frog

Folks, hereabouts say Br’er Rabbit‘s leaving home.
I say he’s heading for trouble.
Mark my words- Br’er Rabbit’s gonna put his foot in Br’er Fox’s mouth one of these days.
Sooner or later, Br’er Fox and Br’er Bear gonna catch that Br’er Rabbit for sure.

(ざっくり日本語訳)

ここに住むもんが言っとった。
ブレア・ラビットが家を出ると。
わしは、彼奴やっこさんが面倒なことに巻き込まれるんじゃなかろうかと思っとる。
いいかい、よく聞くのじゃ。
ブレア・ラビットは遅かれ早かれ、ブレア・フォックスとブレア・ベアーに捕まるじゃろう。

生まれ育った『いばらの茂み』へ向かいます

ボートは軽く下り外へ出て時計回りをする。
急落下してくる、他のゲストが乗ったボートのしぶきを受けながら登りへ。

Splash Mountain
simon17964 Splash Mountain


軽く下る。
“How Do You Do“ のバンジョー・バージョンが流れてくる。

ブレア・フォックスなどの家や農具を横目に見ながら、1分ちょっと外周。
右側にブレア・ベアーの家が見えたら洞窟を出て少し登る。
Slippin’ Falls 」(スリッピン滝)へ落ちる。

ブレア・ラビット登場

”How Do You Do“ を歌う動物達が暮らす沼地へ。
左側の「NO FISHIN’(釣り禁止)」看板のそばで、アヒル達が釣りをしている。

ブレア・ラビットは、ここでの暮らしより住みやすいであろう『笑いの国』へ冒険の旅に出かけようとしている。
その様子をブレア・フォックスとブレア・ベアーが影から見ている。
ブレア・ラビットはブレア・フロッグの警告を無視して旅立ってしまう。

右側では、ブレア・ラビットに仕掛けた罠にブレア・ベアーが引っかかる。
それを見てブレア・ラビットは
「ハハ!お前さん達なんかに、捕まえられっこないさ!『笑いの国』まで追いかけてくればいいさ!」と、挑発。

「笑いの国」へ到着

Everybody’s Got A Laughin’ Place  の曲が流れてくる。

とうとう『笑いの国』に到着する。

照明が暗くなり、かなり下る。

再び、ブレア・ベアーがブレア・ラビット用に仕掛けた罠にはまり、ミツバチの巣が鼻に。
軽めの下り。
ブレア・ラビットがそれを見て、寝っ転がりばかにしながら笑う。

WATCH OUT 」の看板を過ぎる。
笑い転げていたブレア・ラビットにフォックスとベアーが忍び寄ります。

ブレア・ラビット、うしろ後ろ~!👇

Splash Mountain ride
Bart Hanlon Splash Mountain ride

ブレア・ラビットはハチの巣のワナにかけられてしまいます。

ハゲワシ達の最終警告⚠


怖く おどろおどろしい曲調に変わる。

ボートは丘を登る。



シルクハットをかぶり、正装したハゲワシ達が最終警告をうながします👇

Splash Mountain ride
Haydn Blackey Splash Mountain – Magic Kingdom

Time to be turning around …if only you could.
If you’ve finally found your Laughin ‘ Place, how come you aren’t laughing?

So you’re looking for a Laughin’ Place, eh?
We’ll show you a Laughin’ Place.

(ざっくり日本語訳)

さあ引き返す時がやってきた…それができればだがね。
せっかく『笑いの国』を見つけたのに、どうして笑ってないんだい?

『笑いの国』を探しているんだろ?
我々が本当の『笑いの国』ってやつを見せてあげようじゃないか。

※このシルクハットで正装しているハゲワシ達(別名 ブートヒルボーイズ)は、マジックキングダムだけです。レアキャラかも。

ブレア・ラビットの悪知恵

ボートは丘をどんどん登る。
左側に縄で縛られた、ブレア・ラビットが。
ブレア・フォックスに「丸焼けにして、お前を食ってやる。」と言われる。

Splash Mountain ride
Bart Hanlon Splash Mountain ride



ブレア・ラビットは焦って考える。
機転をきかせ
「皮を剥いだり、吊して丸焼けにしてもいいけど、どうか『いばらの茂み』にだけは絶対に落とさないで!」と懇願する。

だまされていることに気がつかないブレア・ベアーは、それなら『いばらの茂み』へ落とそうぜ。とブレア・フォックスをけしかける。

頂上の岩場には「隠れミッキー」が👇

HiddenMickey SplashMountain

最大の山場 滝壺に落下

Walt Disney World Splash Mountain Castmember lithograph by Charles Boyer
Tom Simpson Walt Disney World Splash Mountain Castmember lithograph by Charles Boyer

いよいよ滝壺へ落下します。
45度の傾斜を、時速64㎞で落ちていきます。
右側から写真を撮られます。

Splash Mountain
Steve Wise Magic Kingdom

Zip-A-Dee-Lady号

Splash Mountain ride
simon17964 Splash Mountain

しばらく外周する。
右側の岩場から滝が流れてくる。
軽く下る。

右側にZip-A-Dee-Lady号のリバーボート。
仲間達がブレア・ラビットの帰還をお祝いして”Zip-A-Dee-Doo-Dah!” の歌を楽しげに演奏する。

Splash Mountain ride
jpellgen (@1179_jp) Splash Mountain


右側では、ブレア・フォックスがワニにシッポを噛まれている。
危機的状況なのに、ブレア・ベアーも一緒になって歌う。
ブレア・フォックスに「全部、お前のせいだ!一緒になって歌っている場合か!」と責められる。

生まれ故郷への帰還

ブレア・ラビットは、友達や仲間のいる、生まれ故郷『いばらの茂み』へ戻ってくる。

Splash Mountain ride
d.k.peterson Frontierland, Splash Mountain W

安心して寝転がりながら ”Zip-A-Dee-Doo-Dah!” を歌い、ミスター・ブルーバードにこう言います。
「やれやれ!『いばらの茂み』で生まれ育ったんだ。ずっと、ここにいるよ!」
「ここにいることが、嬉しいんだ。だからここから離れないよ!」
「やっぱり家が一番だ、ってことを学んだよ。」
「心配させてごめんよ。今回のことは、いろいろ学びがあったよ。」

It’s the truth ! It’s actual ! Everything is satisfactual !
本当さ!事実だよ!すべてに満足しているさ!

Splash Mountain
Ashley Splash Mountain

動画で見てみよう

動画にしてみました👇

物語を知ると、さらに楽しい

「ブレア・ラビット」と仲間達の物語を知る前は。。。
『笑いの国』へ入り、照明が暗くなり、怖めの曲調に変わり、調子こいてたブレア・ラビットが捕まり滝壺に投げ込まれて、罰が当たったのかと思っていました。

ハイライトをむかえて、もうそろそろライドも終わりかなと待ち構えているのに、楽しげな音楽で歓迎され、ブレア・ラビットと仲間達が平穏な暮らしをしているシーンが約3分も続きます。
一貫のおしまいであった、ブレア・ラビットが無事なのも不思議に思っていました。

物語を知ると、ブレア・ラビットが間違った考えを正し、生まれ故郷で仲間と楽しく暮らすことが最大の見所だったとは!

ディズニーファンなら、当たり前のように知っていることを知らなかったので調べて納得しました。


さいごに

現状に満足せず、不満ばかりで「隣の芝生は青い」と思い込み、旅に出るブレア・ラビット。
しかし、悪者に捕まり、知恵を絞り家に帰る方法を思いつき、やっぱり「我が家にまさるところなし」(Home sweet home)と考えを改めるところが、何かに似ているなと思ったら昔読んだことのある「青い鳥」でした。

「青い鳥」のお話のように
—-チルチルとミチルの兄妹が探し求めていた
「幸せの『青い鳥』は結局、自分達の身近なところにすでにあったのだ。」

この物語と真髄は同じですね。



「幸せとは探すものではないんだ。」
「気付かないだけで、実はすぐそばに存在しているんだ。」と、深く深く考えさせられる物語のアトラクションだったことに脱帽しました。

こちらもおすすめです👇

Splash Mountain®︎ スプラッシュ・マウンテンについて
スプラッシュマウンテンについて追記 大事なことを書き忘れていました。この情報は、ウォルト・ディズニー・ワールド マジックキングダムの「スプラッシュマウンテン」についてです。・1992年10月2日オープン。・フロンティアランドのアトラクション
タイトルとURLをコピーしました